受講生の声一覧

「 スポンサーシップ特別セミナー」受講生の声

匿名希望 様 40代 東京都 会社員(2016年1月24日 東京開催)

今日はありがとうございました。スポンサーシップの深さを、知識・体感の両方で学ぶことができました。価値判断のない人のまなざしは、とても優しくて深くて、心の奥がふるえるほどのエネルギーを感じるのだと、ワークを通して皆さんに教えていただきました。日々の生活に活かして行きます。山崎先生とみなさんに感謝です。

M.N様 50代 会社員 東京都

プラクティショナーコースの補講として受講したが、コースの後半に出て来るような濃い時間だった。
スポンサーシップとは何も特別なことではなく、人に接する際に大事にしなくてはならない姿勢ということだと感じた。
そしてそれがなされた時に、その人との関係がそれまでかかわった時間の長さに関係がなく劇的に良い方向に向かう可能性をかいま見た空間、時間だった。

匿名希望樣 60代 会社経営

人を認められないということは、自分を認められないからであると実感できました。
ありのままにフィルターを通さずに物事を見るということは、とても気が楽になり、選択の幅も広がっていくことを感じました。価値基準をゆるめながら失くすことが自分を、人間関係を豊かにしていくキーであると認識した。

匿名希望様 70代 心理臨床 福井県

「自己に多くのヨロイをきせて生きていると相手もヨロイをつける」。この説明が、まず心をとらえました。ヨロイを少しずつ脱ごうと思いました。
それは「価値観をゆるめること」であることも知りました。いままで「~であらねばならない」「~べきである」と、自分をしばって生きてきて、辛い人生も経験しましたが、この考え方(~あらねばならない、~べき)は、私の周りの家族や他人をも裁き、心を楽にすることはなかったのではないかと思った。
今日、心に残ったことは「存在そのものを承認する」思いを発し続けることと覚悟しました。
これを継続し続ければ、また、大きく進化できると思いました。
次回からが楽しみです。

匿名希望様 40代 会社員 和歌山県

人間関係作りにおいて最も重要な点を今日は学んだ気がします。ありのままの自分とありのままの相手の存在価値を認め合うことができたとき、幸せな関係が築いていけるということを体感できました。そして全ての出来事における問題点は自分自身に起因するものであることも分かりました。
価値観というフィルターを少しゆるめているかということを日々の中でも振り返りながら過ごしていけたらと思います。ありがとうございました。