NLPラーニングのNLPトレーニングの全体図

NLPラーニング社では、様々なレベルのオンラインコースとリアルコースをご用意しております。
NLPラーニング社の最大の特徴として、全コース、全セミナー業界屈指のNLPトレーナーである山崎啓支が全日程全時間トレーニングを担当します。そのため、個々のご受講生の状況、NLPの理解度をよく把握しながら適切なトレーニングを提供することができます。それは、採寸、型紙の作成、カッティング、仕上げのすべてを同じテーラーが担当してオーダーメイドの洋服を作成することに喩えられます。様々なタイプの先生から学ぶのも、メリットがございますが、同じ先生から一貫した指導を受けるのも違ったメリットがございます。そのため、長く学んでいただければいただけるほどに、トレーナーが個々の参加者の特質や課題をより深く理解して、きめ細かな指導に反映させていくことがきます。
このように、NLPラーニング社は「長く学びたいと思っていただけるような安全安心な場」に加えて、「長くお付き合いさせていただくことによって効果性が深まっていく独特なトレーニング方針」を提供します。トレーナー(山崎啓支)がご受講生お一人お一人を深く理解し、またトレーナーもご受講生によく理解していただくことによってはじめて可能な、あたたかいNLPトレーニングを提供します。

タイプ別おすすめ受講プラン

NLPラーニングでは、上記全体図のように形式は2種類(オンライン、リアル)レベルは3種類(基礎レベル、上級レベル、現場実践レベル)と5種類の長期コースをラインナップして様々なニーズにお応えします。参加者の目的に応じて、以下の6つのおすすめプランがございますので参考にしていただければと思います。

 ●タイプ別おすすめ受講プラン
1)価格を抑えて本格的にNLPを学びたい人向けのおすすめプラン
2)オンラインで自宅で自分のペースでNLPを学びたい人向けのおすすめプラン
3)リアルセミナーで体感を重視したNLPを学びたい人向けのおすすめプラン
4)NLPの資格に興味がある人向けのおすすめプラン
5)支援職(コーチ・カウンセラー・各種コンサルタントなど)として、専門的に活躍したい人向けのおすすめプラン
6)NLPを日常に定着させたい人向けのおすすめプラン

1)価格を抑えて本格的にNLPを学びたい人向けのおすすめプラン

(A)実践的NLPスキル習得オンライン5ヶ月コース⇒(B)NLPプラクティショナー養成コース
※(A)と(B)はどちらが先でもかまいません

→(A)と(B)はどちらが先でもかまいません。2つの長期コース合計21日間【(A)10日間+(B)11日間=21日間】で約10ヶ月~12ヶ月間に渡る本格的なトレーニングを受けていただけます。(A)と(B)は、違ったコンセプトのコースですので、NLPの基礎を様々な角度から深めることができます。(A)+(B)の価格が本来が¥555,500になるところが、¥397,500で参加いただけます。

(B)プラクティショナーコースの価格(¥357,500)に¥40,000のアップチャージだけで、(A)実践的NLPスキル習得オンライン5ヶ月コース(¥198,000)をご受講いただけることになりますので、大変お得です(¥158,000の割引となります)。割引受講の詳細はコチラのページにございます。

※不公平にならないように、(A)(B)どちらを先にご受講下さっても2つのコースの総額は¥ 397,5000となります。詳細はコチラのページにございます

2)オンラインで自宅で自分のペースでNLPを学びたい人向けのおすすめプラン

(A)実践的NLPスキル習得オンライン5ヶ月コース⇒(C)NLP支援者養成オンラインコース

→2020年3月より、弊社ではオンラインセミナーを数多く提供して参りました。オンラインコースは自宅で自分のペースでご受講いただけます。移動時間と交通費もかからないので、効率的に学んでいただけます。自宅で学んでいただけますので、会場での参加者とのやり取りに気を遣いすぎて疲れてしまうという方などには、オンラインの方が居心地が良いようです。また、コロナ禍でもNLPを安全に学びたいという皆様のニーズにもお応えしています。

オンラインだけで基礎レベル(A)から上級レベル(B)まで学んでいただけますように2つのコースをご用意しました。オンラインでNLPを教えることは、リアルでNLPを教えることとはかなり違います。そこで、この2コースはオンラインの特性を徹底的に分析した上で、オンラインのメリットが最大化されるコースとなるよう一から設計しました。カリキュラムに反映させる「NLPの内容」も「トレーニング方法」もオンラインでこそ効果が最大化させるもののみを選択しています。

(A)では、NLPの代表的なスキルの多くを網羅的に学んでいただけます。(B)では(A)で学んでいただいたNLPスキルの運用力を高めるための実践的なカリキュラムを用意しております。

3)リアルセミナーで体感を重視したNLPを学びたい人向けのおすすめプラン

(B)NLPプラクティショナー養成コース⇒(D)NLPマスタープラクティショナー養成コース

→NLPのワークを高い臨場感で味わいたいという方にはリアルコースをおすすめします。リアルコースでは、参加者同士が対面してワーク(実習)を行うため、高いライブ感を伴ったワークを体験できます。これは、野球やサッカーなどのスポーツを球場で見るのと、テレビ中継で見るのとの違いに似ているかもしれません。

対面してワークを行うと、単に相手が話した言葉だけでなく、「相手の表情や相手が醸し出す雰囲気(非言語情報)」までを感じ取ることができます。それにより、特に初学者は多くの情報(非言語情報)を駆使したワークを実施しやすくなります。そのため、潜在意識の深いレベルに作用するワークを体験することができます。また、同じ内容を学ぶ者同士の交流も自由に行えるため、参加者同士が親密になっていきます。よって、人と人との深いつながりを感じつつNLPを学びたい方にはおすすめです。深いつながりがもたらす安心感があって初めて、言葉を超えて作用するもの(非言語情報を通して感じるもの)があります。それもまた、ワークの質を高める要素の一つです。

なお、(B)と(D)を受講するメリットは「4)NLPの資格に興味がある人向けのおすすめプラン」に書かれている内容も含みます。

4)NLPの資格に興味がある人向けのおすすめプラン

(B)NLPプラクティショナー養成コース⇒(D)NLPマスタープラクティショナー養成コース

(B)と(D)は米国NLP協会公認資格取得コースでもあります。所定の要件を満たした方は、同協会の認定資格を授与します。肩書などに、NLP資格を掲載することの優先度が高いという方には、(B)と(D)の受講をおすすめします。ちなみに(B)のみでも資格を獲得することができます。

なお、(B)と(D)を受講するメリットは「3)リアルセミナーで体感を重視したNLPを学びたい人向けのおすすめプラン」に書かれている内容も含みます。

5)支援職(コーチ・カウンセラー・各種コンサルタントなど)として専門的に活躍したい人向けのおすすめプラン

(A)実践的NLPスキル習得オンライン5ヶ月コース⇒(C)NLP支援者養成オンラインコース
あるいは、
(B)NLPプラクティショナー養成コース⇒(C)NLP支援者養成オンラインコース

支援職として活躍したい方には、「(C)NLP支援者養成オンラインコースのカリキュラム」が直接的に役立ちます。支援者とはコーチ、カウンセラー、各種セラピスト、各種コンサルタントから、部下を支援したいビジネスリーダー、生徒を支援したい教師などを指します。(C)はここにあげたどの支援者にとっても役立つ、支援の真髄をお伝えすることに特化したコースです。(C)に進むためには、事前に(A)か(B)を受講している必要があります。「(A)⇒(C)」あるいは「(B)⇒(C)」のどちらかを選択していただくことになります。(A)(B)などで学んでいただいたNLP基礎を(C)のトレーニングによって、コーチング、カウンセリング、各種セラピーなどで柔軟に使用するコツを磨いていただけます。

6)NLPを日常に定着させたい人向けのおすすめプラン

本プランは日常にNLPを定着させる目的に開発されたコースである「(E)NLP創造力開発トレーニングオンライン5ヶ月コース」を受講いただくプランです。(E)は上級レベルのさらに上のレベルである「NLP現場応用実践レベル」のため、オンラインコースの上級コースである(C)か、リアルコースの上級レベルである(D)のどちらかを修了している方が対象となります。そのため、以下の2つのパターンがございます。

(A)実践的NLPスキル習得オンライン5ヶ月コース⇒(C)NLP支援者養成オンラインコース⇒(E)NLP創造力開発トレーニングオンライン5ヶ月コース
あるいは、
(B)NLPプラクティショナー養成コース⇒(D)NLPマスタープラクティショナー養成コース⇒(E)NLP創造力開発トレーニングオンライン5ヶ月コース

→NLPに限らず何かを習得するには、「集中的なトレーニング」と「長い期間に渡る実践」の2つの要素が必要です。そこで、この度、1年3ヶ月(15ヶ月間、毎月3時間ずつ)に渡る、NLPの日常への落とし込みを目的とした超長期セミナーを開催することとしました。それが「(E)NLP創造力開発トレーニングオンライン5ヶ月コース」です。

※「(E)NLP創造力開発トレーニングオンライン5ヶ月コース」は2022年夏開講予定です。本コースの詳細は、本WEBサイトと弊社メルマガで告知いたします。

NLPの使い方は無限にあります。NLPは脳の取扱説明書ですので、どんな職業の方にも、どのような目的にも役立てることができます。「(E)NLP創造力開発トレーニングオンライン5ヶ月コース」は、NLPの現場実践において必要となる、応用力(柔軟性)を開発することを主眼としたトレーニングコースです。

NLPの現場実践とは、NLPを使った「個人あるいは組織のビジョン・戦略策定」「個人の変革」「組織の改革・改善」「仕事上の問題解決」「人間関係改善」「部下やクライアントのトラウマ解消のサポート」「部下やクライアントの課題解決のサポート」などです。このように、主には「現場で新しいものを生み出していくこと(イノベーション)」と「現場の課題や問題を解決していくこと」を扱います。そのため、以下の2つのことを軸に進めていきます。

①一つは受講者のご質問にお答えする形で、基本形(型=かた)として学んだNLPをどのように現場で応用的に使っていくのかを解説していくこと。 ②2つ目は、「NLPを応用したクリエイティビティー(創造性)の開発」と「NLPを応用した思考法」を学ぶこと。そしてこれらを受講生に提供していただく具体的な事例と、よく練られたケーススタディーを通してトレーニングしていく。

毎月3時間ずつ、15ヶ月に渡って、NLPの応用トレーニングを行うことによって、学んだNLP理論を現場でのNLPの実践へ結び付けていきます。それにより、日常にNLPを定着させることです。