実践的NLPスキル習得・オンライン5ヶ月コース

実践的NLPスキル習得・オンライン5ヶ月コース


実践的NLPスキル習得オンライン5ヶ月コース開講の経緯

昨今のコロナ禍により、三密を避けることが困難なリアルセミナーの運営が難しくなってきました。そのため、本年3月以降のリアルセミナーの開催を延期してきましたが、このような時期にも、本格的にNLPを学んでみたいという要望を継続していただいて参りました。 そこで、様々な可能性を思案した結果、安全にご受講いただけるオンラインコース(5ヶ月)を実施することといたしました。

そうは言っても、リアルセミナー(対面の集合セミナー)でNLPをお伝えするのと、オンラインでNLPをお伝えするのは同じではありません。そこで、吟味に吟味を重ねた結果、弊社山崎啓支が行ってきた従来のNLPプラクティショナー養成コースなどとは異なった長所を持つコースを行うこととしました。一言で表現しますと、従来のコースよりも実践的な内容を扱います。それは、対話(会話)を通してのNLP技術の使い方をお伝えする本格的なコースだからです

実践的NLPスキル習得オンライン5ヶ月コースの特徴

リアルセミナーは右脳に訴えかける、オンラインセミナーは左脳を刺激する

3月以降、オンラインセミナーを行う経験を多く待ちました。私が感じているリアルセミナーとオンラインセミナーの顕著な違いをあげると、リアルセミナーは五感(右脳)で体感しやすいのに対して、オンラインセミナーは言語的(左脳的)に理解しやすい点です。 私は、右脳的理解は深い体験をするのに欠かせないもので、左脳的理解はNLPの原理原則を理解して日常で応用していくのに必要だと思っております。ですから、オンラインコースでも、左脳と右脳の両方のバランスを重視したセミナーを行うという方針に変わりはありません。

これまで行ってきましたリアルセミナーはやや体感重視(右脳より)でしたが、オンラインセミナーの長所を活かすために、やや言語による理解重視(左脳より)が充実したコースになります。「やや左脳より」とは、NLPプラクティショナー認定コースのようなこれまでの長期コースとくらべると、対話(会話)によるNLPの使い方を充実させたコースになるからです。

とは言っても、もともと、私(山崎)は深い体験(右脳的)を提供するのが得意です。3月以降この6ヶ月間に行ったオンラインセミナーでも、「リアルセミナーと変わらぬ深い体験ができた」と多くの方に感想をいただいております。

オンラインでも十分にNLPを体験していただけるよう、少人数限定(12名限定)として トレーナーがお一人お一人と親密な関係を築きつつきめ細かな指導をします。また、ワーク(実習)は、特にNLPの練度が高いアシスタントが担当して、オンラインでも安心してNLPワークを体験できる環境を提供します。 また、オンラインでも集中力が切れないように配慮しながら運営します。土曜日・日曜日の2日連続を毎月1回ずつ行いますが、土曜日は午後から3時間のみ、日曜日は午前3時間で2時間の昼食休憩の後に、午後からは3時間とします。また、適宜小休憩を取ります。

オンラインのメリットを生かしたコース内容

◆オンラインコースのメリット1 ~言語パターンの解説とトレーニングが充実している~

オンラインNLPコースは、昨今のコロナ禍にしかできないコースだと思っています。そこで、これを機会ととらえて、これまでにない特色を出すこととしました。 後ほど詳しくお伝えしますが、オンラインコースは資格認定コースではないので、資格認定要件を網羅する必要がありません。そのため、これまで、重要だけどスケジュール上、時間をかけることができなかった分野を深めることができます。その中でも私が最も重要だと思っているのが「言語パターン」です。もともとNLPはフリッツ・パールズやミルトン・エリクソンのような偉大な心理療法家の魔術的とも言える言葉の使い方をご紹介するところから始まっています。先ほどお伝えしましたように、オンラインセミナーはやや言語による理解重視(左脳より)に向いているため、彼らの言葉の使い方を、従来のコースよりも丁寧に説明し、効果的にトレーニングいたします。

◆オンラインコースのメリット2 ~対話(会話)を通したNLPスキルの活用に強い~

もう一つオンラインコースの顕著なメリットは、オンラインはその性質上、対話(会話)重視のスキルを提供する機会が多くなる点です。リアルセミナーの場合は、「幾つかの椅子」や「空間の活用(時間の流れを空間に配置する=タイムライン)など」空間を創造的に使ったワーク(実習)を多く行います。しかし、オンラインセミナーでは、受講者にそのようなスペースを確保していただくのと、大胆に空間を移動しながらワークを行ってもらうのが 難しいため、基本的に対話(会話)だけで同じワークを行う場面が多くなります。 空間を創造的に使うことにより、ワークを深く体験できます。これはリアルセミナーの顕著なメリットです。しかし、通常、対話(会話)によってのみ、部下や生徒を指導しなければならないビジネスパーソンや教師、また対話(会話)だけでセッションを行うことが多いコーチやカウンセラーにとっては、NLPスキルを日常会話によって行えるようにトレーニングすることは実用的と言えます。深い体験はリアルセミナーには及びませんが、日常でのNLP実践のチップスを学ぶという観点では、オンラインコースに分があります。

このように、リアルセミナーは深い体験(右脳的)をするのに適していて、オンラインセミナーは対話(会話)など言葉を通したNLPの使い方を磨くのに適しています。もちろん、どちらも重要です。そこで、この度、弊社の通常のNLP資格認定コースの価格で、両方を受講できる特典をご用意しました。

特典・資格が欲しいという方やリアル・オンライン両方のメリットを体験していただくために

NLPオンラインコースを実施するにあたり、資格は授与されるのか?ということが気になるという方もいらっしゃるでしょう。通常NLPの長期コースは、NLPプラクティショナーという名の認定資格を授与される場合がほとんどです。しかし、オンラインで長期コースを実施するにあたり、米国NLP協会が基準とする多くの要件は満たすことができるものの、すべての要件を満たすことは困難であることがわかりました。対面での指導でないと、十分には理解していただけない、あるいは安全性が十分でない要件もあります。そこで、前述したようにオンラインコースでは、資格認定コースという位置づけではなく、オンラインでお伝えするのに向いたNLPのスキルを重点的にお伝えする特別コースとすることとしました。

しかし、皆さまの中には、資格認定に興味があるという方もいらっしゃるかと思います。その方々には、オンラインNLPコースを修了後に、NLPプラクティショナー認定コースを受講される場合には、弊社のNLPプラクティショナー認定コースの正規の金額(357,500円)から、オンラインNLPコースの金額(198,000円)を差し引いた金額(159,500円)で参加いただける特典をご用意します。

通常でも、NLPプラクティショナー認定コース(11日間)は357,500円ですので、オンラインNLPコースの受講後に、NLPプラクティショナー認定コースを受講された場合には、オンラインNLPコースを無料で受講したことになりますので、非常にお得です。

実際、NLPは奥が深いため、同じコースを2回~3回受講して学びを確実なものにすることをおすすめしています。左脳重視のオンラインコースと右脳重視のリアルコースと、異なった長所を持つ両方のコースをご受講いただくことにより、単なる再受講ではなくNLPを多角的に学んでいただけます。おそらくコロナ禍が収束すると、オンラインコースは終了する可能性が高いので、同じコースを違った角度から学んでいただけるまたとないチャンスとなります。

もちろん、オンラインコースのみの受講もできます。その場合は、NLPプラクティショナー認定コースで学んでいただける内容の多くを、NLPプラクティショナー認定コースよりも時間的に効率的かつ低価格で学んでいただけます。 ※この特典は、コロナ禍がある程度収束して弊社のNLPプラクティショナー認定コースが再開されてから3年以内の受講に限らせていただきます。

実践的NLPスキル習得オンライン5ヶ月コース参加概要

開催日時 全10日間 (3時間×15回=合計45時間)
スケジュール 【実践的NLPスキル習得オンライン5ヶ月コース・第2期】NEW!
第1講(1月23日・24日)
1月23日(土)14時30分~17時30分
1月24日(日)9時30分~12時30分
1月24日(日)14時30分~17時30分
第2講(2月20日・21日)
2月20日(土)14時30分~17時30分
2月21日(日)9時30分~12時30分
2月21日(日)14時30分~17時30分
第3講(3月20日・21日)
3月20日(土)14時30分~17時30分
3月21日(日)9時30分~12時30分
3月21日(日)14時30分~17時30分
第4講(4月17日・18日)
4月17日(土)14時30分~17時30分
4月18日(日)9時30分~12時30分
4月18日(日)14時30分~17時30分
第5講(5月15日・16日)
5月15日(土)14時30分~17時30分
5月16日(日)9時30分~12時30分
5月16日(日)14時30分~17時30分

【実践的NLPスキル習得オンライン5ヶ月コース・第1期】※満席・キャンセル待ち
第1講(11月7日・8日)
11月7日(土)14時30分~17時30分
11月8日(日)9時30分~12時30分
11月8日(日)14時30分~17時30分
第2講(12月5日・6日)
12月5日(土)14時30分~17時30分
12月6日(日)9時30分~12時30分
12月6日(日)14時30分~17時30分
第3講(1月16日・17日)
1月16日(土)14時30分~17時30分
1月17日(日)9時30分~12時30分
1月17日(日)14時30分~17時30分
第4講(2月13日・14日)
2月13日(土)14時30分~17時30分
2月14日(日)9時30分~12時30分
2月14日(日)14時30分~17時30分
第5講(3月13日・14日)
3月13日(土)14時30分~17時30分
3月14日(日)9時30分~12時30分
3月14日(日)14時30分~17時30分
講師 山崎啓支(NLPラーニング代表)
費用 198,000円(税込)
形式:オンライン ZOOMを使用します。
※ZOOMが初めての方には、弊社スタッフがわかりやすく使い方をお伝えします。
定員 12名
特典 ★1)NLPプラクティショナー養成コースへ振替ができます。その場合、差額159,500円(税込)で、プラクティショナーコースを全日程ご受講いただけます。米国NLP協会の認定は別途33,000円(税込)がかかりますが、これは必要な方のみの任意です。
★2)159,500円(税込)の内訳。
357,500円(プラクティショナーコース受講料・税込)―198,000円(本コース受講料・税込)=159,500円
★3)この特典は、コロナ禍がある程度収束して弊社のNLPプラクティショナー認定コースが再開されてから3年以内の受講に限らせていただきます。

NLPオンライン5ヶ月コースで習得するスキル

以下習得していただくNLPスキルは弊社で行っているNLPプラクティショナー認定コースで扱う項目の80%以上を網羅しています。ただし、各スキルは、前述した通り対話(会話)で活用しやすいように特別にアレンジした伝え方をするものが多いです。このような意味で、NLPプラクティショナー認定コースをすでに学ばれている方にも、新鮮な体験を提供できます。

  • NLPの概要
  • VAKモデル
  • キャリブレーション
  • アイ・アクセシング・キュー
  • ペーシング
  • バックトラッキング
  • ミラーリング
  • 8フレームアウトカム
  • アンカリング
  • サークル・オブ・エクセレンス
  • サブモダリティー
  • アソシエイト・ディソシエイト
  • ポジション・チェンジ
  • タイムライン
  • フレーミング
  • ニューロ・ロジカル・レベル
  • メタモデル
  • ミルトンモデル
  • アズ・イフ・フレーム
  • 効果的な目標設定
  • TOTEモデル
  • ポジティブ・インテント(肯定的意図)
  • 6ステップリフレーミング
  • 葛藤の統合(インテグレーション)
  • メンター
  • モデリング
  • ビリーフ・チェンジ
  • チェイン・プロセス
  • スポンサーシップ(承認)
  • その他

カスタマーサポート株式会社NLPラーニング

セミナーについて、ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

参加お申し込みフォーム