山崎啓支からのメッセージ

山崎啓支からのメッセージ

山崎啓支
  • どうして私がNLPを学んだのか?
  • そして、どうしてNLPを教えようと決意したのか?
  • さらに、どうして今もNLPを教えているのか?

このページでは、これら私自身の歴史を赤裸々に語ります。

もっとも大切に思っていること

山崎啓支です。

NLPを教え始めて14年になります。

ここまで私が何を大切にしてNLPをお伝えしてきたのか?
また、なぜそれが大切だと思ったのか?

これらのことについて、ここでは赤裸々に語りたいと思います。

なぜなら、これからNLPを学ぼうとしている人にとって、担当するトレーナーが何を大切にしてセミナーを作り、行っているのかを知ることが、何よりも大切だと、私は思っているからです。

NLPを学ぼうとしたきっかけ

NLPセミナーを受講下さる方々の参加動機を拝見しますと、仕事のため、スキルアップのためといったものが目立ちます。

しかし、お一人お一人の話をよくよくお伺いすると、次の言葉に集約されることが分かりました。

「今の自分を変えたい」

その気持ちは痛いほど分かります。
かつての私も、自分を変えたいと切実に願ってNLPの扉を叩いたからです。

NLPを学び始めた頃の私は、極端に自分に自信が無かったのですね。

NLPだけではなく、コーチングやカウンセリング、さらに能力開発と言われるものなど、効果がありそうな手法を手当たり次第、学んでいました。

その中でも、特に効果が高いと感じたのがNLPでした。

NLPは、無意識(潜在意識)を効果的に変化させる技法が充実しているのです。

理論も使い方もシンプルなので、幅広い分野で応用が効くのです。
セラピー・ビジネス・教育・医療などの現場で活用されています。

ただし学んでいる最中は、NLPには大きな可能性を感じたものの、自分で教えるというところまでは考えが至りませんでした。

NLPトレーナーになったきっかけ