安全安心の場作り

なぜ私が徹底して場を大切にするようになったのか?

「NLPの本質」と「人間の本質」を合わせてお伝えするようになってから、NLPに対して小手先ではなく、深い理解を得ていただけるようになりました。

それに比例して、現場で使える人が目に見えて増えてきました。

人間についての深い理解をもたらすレクチャーを、分かりやすく伝える

通常、深い理解力を要する内容は難しいことが多いです。
逆に、分かりやすく伝えると、どうしても表面的(浅い内容)になりがちです。

深い内容は伝わりにくく、浅い内容は伝わりやすい

しかし、私はどうしてもその両方、つまり「深い内容を伝えること」と「分かりやすく伝えること」を両立させたかった。

そこで、長年の試行錯誤から「内容の深さ」と「わかりやすさ」が共存するあまり類を見ないNLPセミナーを開発することに成功しました。これにより、さらに評判を呼ぶことができました。

NLPは深い内容を伝わりやすくすることに成功

ただし、受講生一人一人に深く伝わるかどうかというのは、また別だということも分かってきました。

非常に濃い内容をお伝えしても、受講生の心に深く響くとは限らないのですね。

これは、お伝えする内容の質の問題ではなく、もっと土台となるところでした。

私のことを受け入れている方、信頼して下さる方には深く伝わりますが、どこか警戒している方、斜に構えている方には伝わりません。

どれだけ深い内容、有益な内容だったとしても、それを受け入れてくれる関係性が無ければ、相手に届かないのです。

レクチャーが伝わるかどうかは、私と受講生との関係性にかかっています。

受講生同士の関係と、受講生を取り巻く場全体の雰囲気はさらに重要です。

NLPセミナーでは、ワーク(実習)を多く行うのですが、受講生同士の関係性が浅い中でワークを行っても大きな変化は起きないからです。

ワークで深い体験が出来ないとしたら、残念ながらNLPを深く理解したとはいえないのです。

信じられないかもしれませんが、高度なNLPワークが受講者の変化を作り出すわけではないのです。
仮に、深く伝えることができるのならば、シンプルな一言を伝えるだけでも、あるいは基礎的なワークだけでも大きな変化を体験できるのです。

安全・安心な場があってはじめて深い内容をわかりやすく理解してもらえる。

このような意味で、「NLPを分かりやすく教えること」「人間の本質を理解すること」は大事ですが、それも言葉が深く伝わる環境かどうかにかかっているのです

そのために、受講生がリラックスしてレクチャーを聞き、深くワークに集中できるような安全・安心の場をしっかりと作るよう心がけてきました。

人間は変化したいと思っていると同時に、変化を恐れています。
だからこそ、安全・安心を実感できてはじめて変化を受け入れることができるのです。

深い人間理解に根ざす内容は、それが深い内容であればあるほど、大きな変化をもたらす可能性があります。
だからこそ、安全・安心な環境を作ることを最優先に考えているのです。

「3つの指導指針」と「2つの目的」